アルバイトの面接時、面接官はここを見ている!さりげない動作に合否の差や今後の時給考査で差がつく

アルバイトの面接僅差で選ばれる動作の違いとは
アルバイトの面接僅差で選ばれる動作の違いとは

アルバイトの面接僅差で選ばれる動作の違いとは

アルバイトの面接官は何を見ているのか?決まりきった質問の中での受け答えなのか?動作なのか?もし何人かを選考して選ばなければならない場合、応募者の条件がほぼ同じで誰を選ぼうか迷った場合、以外と差が出る動作があります。まず面接する際ですが必ず座って面接を行うでしょう。その際に先に面接官がいて椅子に座っている場合は面接官から「どうそおかけ下さい」と声がかかるまで座らない事です。これは一般的に知られている事ですが、以外と知られいないまたは知っていたけどうっかり忘れている事が、先に面接を受ける人が座っていて面接官が後から来た場合、座ったままで挨拶をしてしまうケースがあります。ここでは面接官が来た際に立って挨拶すべきでしょう。

そして面接終了時です。少し緊張感がほどけ席を立った後、椅子を直すもしくは椅子を直す動作をするかしないか?細かい面接官はここも見ています。緊張感から少し解放された瞬間を面接官は見たいものです。ここまで細かくアルバイトの面接でも見られてしまうのか、正社員でなければここまで厳しくないのではないか?と思われますが、今や企業にとってもアルバイトは強力な戦力になります。またアルバイト側としても「第一印象」の良さで今後の時給昇給の1つにも関わってくる事もありますので、少しでも印象良く面接を終えられるようにして頂ければと思います。